交通事故

1週間ほど前、ロティと散歩中、交通事故に遭った。
ロティがひかれそうになって、必死で抱きかかえようとした時、
止まりきれなかったトラックに私がはねられた。

え?なんで?うそやろ?

平和な時間が突然悪夢のような時間になり、倒れた場所から無意識にふらっと起き上がり、
傷の状態を手探りで確認。

意識状態、手足動く、顔に血が...慌てて確認、顔にはすりきずとうちみによる腫れ
おでこからポタポタと流れ落ちる血...深い傷...。

気が遠くなりそうになりながらも

いなくなってしまったロティをフラフラ歩いて探し、呼んでみたけれどいない。
降りてきた運転手の男性にロティを探してくださいと頼む。
あまり動いたら危ないと、そのまま静かにしゃがみこむ。

迷って遠くに行って帰って来れなくなったらどうしよう...。
他の車にひかれたらどうしよう...。

なぜかこんな大変な時に村の「迷い犬の放送」を思い出す。
今度はうちの犬の番か...。

すぐに救急車到着。脳神経外科のある救急病院へ搬送の手配が進められる中
ロティの特徴や犬種を伝え、探してくださいと頼む。←KY
救急隊員の人はやさしくて、真剣に特徴をひととおり聞いてくれた。

救急車で運ばれる途中、お隣さんに電話をし、ロティを探してもらおうと思ったら
自分で家に帰って、玄関前で座って待っていたようだ。

よかった。

寒かったからか、怖かったからか、急に小刻みに震えてきて、
車に揺られたせいか、気分が悪くなってきた。

CTの結果、頭の内部は異常なし。顔面打撲と擦過傷、おでこには深い傷。

傷は翌日、以前診てもらったことのある病院へ。
予約無しの駆け込みだったのに優先して治療してくれ、1時間くらいかけて
細かくきれいに何十針も縫ってくださった。
跡は残るでしょうが、残り方が問題なので、信頼できる先生に縫合してもらえてよかった。
お正月にコロに鼻を噛まれたときにかかった先生だったので、安心感も満点以上!

不幸中の幸い、大事に至らずに済み、いろいろあったけれど、
強い力で守られているのを感じる。
今こうしていられることが、本当にとてもありがたい。

「今」は英語で「Present」。私たちに与えられたPresentは「今」。
いろいろと考える秋だけど、マイペースでこれからもがんばっていこう!
120歳まで元気に生きるのが目標のひとつだし(^o^)/***
[PR]

by cookie-s-sapana | 2010-11-05 15:59 | その他  

<< 生きています!あけましておめで... すくすく育つ毛むくじゃら王子 >>