Viva! 中高年!新歌舞伎座で石川さゆり

23日(土)は、両親と一緒に大阪上本町にできた新歌舞伎座へ
石川さゆりの舞台公演を観に行った!
石川さゆりって、シニアのアイドル、演歌の女王という印象が強いけれど、
若い人の間でもカラオケなんかで歌われたり、世代を超えて有名な曲も多い♪
私も彼女の迫力のある歌声が好きで、たまにカラオケで歌ったりも(!)

両親をいろんな所へ連れ出して、楽しく過ごしてもらうためもあり、この公演には私が誘った。
両親は、ずっと家庭や仕事などに一生懸命だったので、いざ遊びに行くといっても、
自分たちで行けるところや思いつくところも限られている。
世間でもよく、団塊世代の一生懸命に働いてきた人たちが、いざ定年になって時間ができても
「余暇の使い方」がいまひとつわからない…なんていう話題が取り上げられたりするけれど、
それに近いのかもしれない。遊ぶのはあまり上手ではない。
だから、私がいっぱい「ここ行こう!」「あそこ行こう!」「これ見よう!」「ここで食べよう!」
などなど、年頃の男の子が、彼女とのデートコースを考えるように、私も両親が喜びそうなことを
いろいろ考えて、時々実家へ行っては、いろんなところへ一緒に行って、景色をながめたり、
歩いたり、食事したりしている。

石川さゆりのチケット発売日は、前もってメモに書いて張っておき、朝イチ電話でゲット☆
おかげで、前から7列目の正面の席が取れた!

第一部は『夢売りごぜ』という芝居。
盲目の女旅芸人「たまたま生まれたたまえ」が、三味線をかき鳴らし、歌い歩く。
そしてとあるひなびた活気のない村の村人たちをパッと明るく元気にする。
「光は見えぬが夢を見る…あまたの人が笑う夢」

舞台での芝居は、息づかいから気迫から、ダイレクトに感じられて、大好きだ。
思えば久しぶりの芝居鑑賞だった。やっぱりいいな~♪

そして、第二部は、『石川さゆりオンステージ』
「津軽海峡冬景色」「天城越え」「飢餓海峡」「ウィスキーがお好きでしょ」などなど
知っている曲もたくさん!ド迫力の歌声と、もの悲しい儚い歌声を生で聴いて、
鳥肌が立つほどしびれ、感動した。すごい!日本の魂を感じられる誇れる音楽だ!演歌最高!

両親もとっても楽しんでいたようで、よかった♪

それにしても石川さゆりって、53歳にして若くてパワフル!そしてきれい!
この日も昼の部と夜の部、二回も公演があって、何週間も連日連夜、この長時間に渡る公演を
こなしていると思うと、驚異的だな~。
ま、私の周りには、よく考えたらいっぱいそんなパワフル中高年いるけど…。
もはや当たり前になり、驚くこともなくなってしまっていたけど、彼らの年齢と行動をあらためて
思い出したら、プチ「ワォ!」☆
崖からロープでスルスルと降りる。荒波にもまれる。山の中をMTBで駆け回る。
暗くなってもザックからおもむろにヘッドランプを取り出し、走り出す。
遊びのためなら西へ東へ津々浦々。60歳半ばのバリバリトライアスリートも。
パワフル中高年多数☆
そう、そう、あなたです!はい、あなたもです!

いつまでも元気で楽しく幸せに!Viva! 中高年!
なんだかパワーが湧いてきたいい一日だった。

a0069271_12162775.jpg

[PR]

by cookie-s-sapana | 2011-04-26 11:58 | 音楽  

<< 今治へ バイシクルクラブ5月号を >>