カテゴリ:異文化交流( 5 )

 

アルメニア発マンチェスター経由で

アルメニアのコーヒーとジャズベと呼ばれる柄杓のような形の
コーヒーを淹れる小鍋が届いた。
a0069271_23472586.jpg

自転車旅で知り合い、数日おうちでお世話になったアルメニアの女の子
Angelaからの贈り物だった。
彼女とは今でもSkypeやFacebookで頻繁に連絡し合ったり、話したり
とっても仲良くしている。

アルメニアに入るまで、チャイ文化の国々をずぅ~っと旅していたので、
おいしいコーヒーに飢えていたのだけど、アルメニアでは主にコーヒーが
よく飲まれ、とってもおいしいコーヒーを飲むことができた。
アルメニアンコーヒーは、一般にはトルココーヒーとして知られている濃いコーヒー。
小鍋にコーヒー豆の粉をそのまま入れ、コトコト沸騰寸前まで煮出して、
そのまま粉ごと小さめのカップに注ぎ、粉が沈殿した上澄みのコーヒーを飲む。
通常砂糖もしっかり入っていて甘い。エスプレッソのような香りと味わい。

このアルメニアンコーヒーをAngelaやお母さんがよく淹れてくれて、
あまりのおいしさにとろ~んと夢心地になったのだ...フ~ぁ~...。

そんな私のコーヒー好きを覚えていてくれたAngela。
今は英国人男性と結婚し、イギリスのマンチェスターに住む彼女が、
先日だんなさんと2人でアルメニアに里帰りした際に、私のためにと
アルメニアのコーヒーとジャズベを買ってくれて、マンチェスターに持ち帰り、
日本に住む私に送ってくれた。

心のこもった贈り物が、はるばる旅をして私の手元に幸せと一緒に届いた。
アルメニアで過ごした時間を思い出しながら、ジャズベでコーヒーを淹れて飲む。

あ~幸せ...。

アルメニアンコーヒーを飲みたい方、どうぞ我が家へ♪
[PR]

by cookie-s-sapana | 2010-09-07 23:47 | 異文化交流  

ネパール準備合宿 in 我が家

東京から戻ってすぐに我が家で 『ネパール準備合宿』開催。
仲良し自転車仲間の1人で、家が遠い(山梨県在住)わりに、なにかと
よく遊んでいるMちゃんが、今度JICAでネパールに赴任することになり、
我が家でネパール語、ネパールの生活などなどもろもろのことを楽しく勉強して
ネパール赴任の準備をするのが目的♪
当初Mちゃん1人で来る予定だったのだけど、みんなでワイワイ楽しくやろうと思い、
数人に声をかけて、一緒に楽しむ「合宿」企画になった。
そして関東からはネパール赴任じゃないけど、JICA赴任経験者Fussyも参加☆
ゆっきーも参加予定だったけど、急遽来れなくなってしまい残念。

というわけで、Mちゃん&Fussyと3人で関東から我が家まで車でドナドナと
かしましく移動(笑)
初日は、真面目にネパール語の勉強~♪
まずは文字と音から。ネパール語には日本語にない音がたくさんあるので、
どんなのがあるのかをふまえていないと、あとあと難しい。
母音も日本語だと5つだけど、ネパール語は13もあるし、子音も有気音、無気音と
あるし、とにかく音がたくさんあるので、耳と口を慣らすだけでも最初は大変。
音をひと通り紹介。いっぺんには覚えられないだろうから、「こんな音があるよ」という程度に。
文字はヒンディー語と同じデヴァーナガリ文字で、音を表す表音文字。
音と文字に慣れてもらうため、まずは自分の名前を文字の表を見ながら書いてもらう。
そして、何人か別の人の名前を書いたりしながら、楽しく慣れてもらう。
そして慣れたところで、今度はMちゃんとFussyに自分の思いついた日本語の言葉を
ネパール語の文字で書いてもらい、交換してお互いに何を書いたのかを読むというのを
してもらった。
何度も繰り返して練習して、少し音と文字の感じをとらえてもらったところで、
今度は、数字や簡単な挨拶など。使用頻度の高い言葉を何度も復唱して使ってみてもらう。
...などなど、けっこう真面目に楽しくお勉強♪ でもほんとに3時間くらいはガッツリ勉強した。
a0069271_23331221.jpg

そして、まるで小さな子供のように勉強して疲れたのか、2人は爆睡(笑)

夜はご近所バイカーのガッキー夫妻も加わり、こじんまりと鍋パーティー。

合宿2日目は、ネパール語には全く関係ないけど、お楽しみMTBライド。
関西の自転車仲間が数名加わり、Y丘陵を楽しく走った。
私の新車ライトスピードもこの日が初乗り♪しなやかな感じでとってもいい☆
a0069271_23342639.jpg

a0069271_2335198.jpg

a0069271_23361025.jpg

夜は、我が家でネパール料理を作ってパーティー♪
関西の女子が3人、そして私の親友であるネパール人のKPが加わり、我が家には
総勢10名!
ネパールの代表的な料理、ダルバート・タルカリをせっせと作り、ネパールナイト始まり~♪
a0069271_2337153.jpg

ネパールでは右手を使って食事をする☆さっそく実践♪
a0069271_23385194.jpg

ネパール人のKPと、ネパールの話や、言葉の話など、異文化交流にもいっそう
花が咲き、盛り上がった。
a0069271_2340620.jpg

小さな我が家で、シュラフで4人、お布団に4人、川の字になって就寝。
a0069271_2340576.jpg

合宿最終日の朝は、ネパール・インド風朝ごはん。チャパティーを焼いたのだけど、
10人分なので大忙し。バナナラッシーやチャイも作り、「ネパール」を演出。
KPとの異文化交流とネパール語の勉強も引き続き進行したのだけど、
覚えなくていい「下ネタ」系の言葉とかまで登場。
よく使うスラングとかも少し紹介したり、首の振り方など、習慣の違いなども伝えたり、
みんなで楽しく異文化交流ができて、よかった♪

そんなこんなで、あっという間の4日間。たくさん笑って楽しく過ごせた♪
異文化交流も、気の合う仲間とゆっくり過ごすのも楽しい♪
Mちゃんのネパール語学習や赴任への準備にも弾みがつくといいな☆
a0069271_23423822.jpg

[PR]

by cookie-s-sapana | 2010-02-28 23:30 | 異文化交流  

東京都世田谷区にあるイラン♪あ~あったか~い♪

実は絨毯に相当はまっていて、興味深くて夢中♪
絨毯に関する本をいっぱい読み、絨毯屋さんや絨毯博物館などに足を運び、
しげしげと眺めては、幸せな気分になったりしている♪

自転車旅行中、イランで絨毯の修理職人のお宅にいた時、
部屋に所狭しとかけられた絨毯の中に遊牧民が織った素朴だけどすごく素敵な絨毯があり、
心惹かれたのが絨毯との出会い。
何気なく毎日眺めていたその絨毯が、妙に気になって、コーナーに織り込まれていた
ペルシャ文字で書かれた数字を見ると「1350」...。何の数字だろうとたずねてみたら、
この絨毯が織られたイラン歴の年号らしく、ちょうど私と同い年の古いものだった!
え~?!っとちょっと運命を感じて、ますますその絨毯に惹かれていったのだけど、
ペルシャ絨毯は高いイメージや、ボラれるイメージが強かったので、もともと買う気は
全然なかった。だけど、何気にいくらくらいするのか聞いてみたら、
「君にはイランの思い出に、私の愛する絨毯を持っていてもらいたいから...」
と、結構サイズも大きいし、他の絨毯の値段から考えると結構な値段のしそうなその絨毯を
送料、保険込みで、原価割れじゃないか?と心配になるような値段で譲ってくれた。
そして、旅の途中にイランから送られたその絨毯は、今、我が家に敷かれ、温かい雰囲気を
かもしだして、眺めるたびに幸せな気分にしてくれる♪

「バルーチ」民族が織った素朴な絨毯。レンガ色の赤や紺がよく使われる。
a0069271_1858885.jpg

ペルシャ文字でイラン歴の「1350年」の年号が織り込まれている
a0069271_18594624.jpg

その絨毯修理職人のおじさんが、滞在中に絨毯についていろいろと教えてくれた。
モチーフの意味、地方による特色、染料、糸の材料、織りかた...etc
面白くてしかたなくて、もっともっと知りたくなった。とても興味深い☆

そんなこんなで、絨毯にはまっているのだけど、先日東京滞在中に
以前から気になっていた絨毯屋さんを訪ねてみた♪

東京都世田谷区玉川というところにある『タギーペルシャ絨毯』というお店。
外からちょっとのぞくと高級絨毯が並べられていて、若干入りにくいのだけど、
ポソッと入ってみた。
ちょっと手の届くお値段帯の「ギャッべ」と呼ばれるこれまた遊牧民の絨毯を
見せてもらいながら、手作りの温かさを感じる芸術作品を楽しんだ。
なんだか敷居が高い気がしたけど、入ってみたら中は「イラン」♪
イラン人のタギーさん、マジッドさん、ハディさん、日本人女性の4名で
和気あいあいと楽しくお仕事していて、皆さんめっちゃ陽気で、
常にジョークをとばし、まるで関西人!
知ってる限りのペルシャ語で、ジョークのキャッチボールをしてみた。
幼稚なペルシャ語をしゃべっただけで、笑いをとれて得(?)した(笑)
他にもたくさんの品揃えの中から素敵な絨毯をみせてもらい、
そしておいしいチャイや懐かしいイランのお菓子まで頂き、
タギーさんたちとの会話を楽しんだ。
こんな素敵な絨毯屋さんがあったら、足しげく通いたいな~♪と思ってしまう
とっても楽しい絨毯屋さん。しっかりした修理職人さんがいて、
品揃えもいいし、品質も選りすぐりのものが置いてあって、いいお店だ。
めっちゃ陽気で楽しいタギーさんたちに会いに、また行きたいな♪
あ~あのギャッべ、ふかふかでよかったな~...。ま、また今度...。
a0069271_1941284.jpg

[PR]

by cookie-s-sapana | 2010-02-17 19:04 | 異文化交流  

イラン家庭料理ククサブジ

イランの家庭料理の代表的なものの一つ、ククサブジを作った。
イランで食べた家庭料理の中で一番好きだった♪
たっぷり緑の野菜とハーブを卵でとじたキッシュ風の簡単メニュー☆
ハーブとほのかに香るスパイスが、心をイランへ誘う
ママン(ペルシャ語で“お母さん”)の味~♪♪♪

この料理に使うハーブ、生のものがなかなか手に入らないので、
育てました☆
a0069271_1016347.jpg

小さな畑は他の作物でいっぱいなので、コンテナでハーブコーナーを

ハーブとほうれん草、ねぎ、にらなどの青い野菜を小さく刻み、
ボールいっぱいになった大量の青菜&ハーブを軽く炒め、
スパイスを少々加えたとき卵でとじて、じっくり焼くと

はい!ククサブジのできあがり~♪
a0069271_10203490.jpg


見た目は、そんなにテンション上がる感じではないですが、
香草好きにはたまらないオリエンタルな一品♪ きっと目にもいいに違いない!

食べたい方はどうぞ我が家へ♪
[PR]

by cookie-s-sapana | 2009-12-03 10:24 | 異文化交流  

大阪在住イラン人のお友達ができた♪

ご縁があって、大阪在住のイラン人のご家族とお友達に♪
最近、これまた縁があってお友達になった「ふうこさん」を通じて
出会ったのだけど、みんな素敵な人たち♪

某大学院で勉強中の旦那さんアフシンさん、私と同い年の奥さんヌシン、
そしてピュアイラン人ながら、バリバリ現役日本の小学生シバちゃん。
シバちゃん、ペルシャ語は理解してるけど、返事は日本語(大阪弁&若者コトバ)☆
3人家族にもうすぐ1人加わる予定の幸せいっぱいのほのぼの家族。
そのお家へ、ふうこさんと遊びに行った。
イランの話をしたり、日本の話をしたりして、楽しく過ごし、ヌシンの手料理、
なつかしいペルシャ料理を頂く。
いつもは研究で忙しいアフシンさんも、この日は早く帰宅してみんなでワイワイ♪
あ~またイランに行きたいな~♪
a0069271_1925356.jpg

シバちゃん、ジャニーズに夢中☆完全についていけない (>_<);
「こんなかで誰が一番好き~?」とか「○○君かっこいいと思う?」とか
いっぱい質問が飛んでくる!
ん~個人的には、あんまりジャニーズは好きちゃうかも...ナルナルやし...。と
思っても、それは言っちゃあいけないのだ。
「こんなかやったら、私はコレ、この子♪」とか「けっこうかっこいいんちゃう?」とか
夢を壊さないように返事する☆
たまに「え~?まゆげ不自然ちゃう~?」とか失言をはいてしまったりも
したけどf(^^); セーフ!

ヌシンは、向上心をしっかり持った素敵な女性。日本語の勉強もコツコツしているし、
また大学に通いたいといろいろ取り組んでいる。
子供もいて、妊婦さんで大変だけど、私も応援したい。

そんなこんなで、楽しく異文化交流をしてきた。
これからも仲良くしていきたいな♪
a0069271_19254459.jpg

[PR]

by cookie-s-sapana | 2009-10-05 19:28 | 異文化交流