<   2005年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

ネパールに行ってきた

もはや「ちょっと行ってくるわぁ~」的感覚。
今までで、最短の滞在、12月7日より3泊5日でカトマンズへ。
一応お仕事という名目。なので、ま、いいとする。

空港には、日本に留学しているネパール人で、
今帰省中の友人Kedarが迎えに来てくれた。

チョッピリ久しぶりのネパール。
ん?なんかちゃう!
カトマンズに着いてなんか異変を感じた。
あ゛!おらんやんっ!
オートリクシャーがおらんっ!一台も!
え?え?え?なんで?出払ってるんか?
いやいや、そんなはずは...。
なんでも「排気ガス規制」っていうウソみたいな理由で
なぜかオートリクシャーだけ、カトマンズから消えた。
「排気ガス規制」なんかホンマにしてるんか?
っていうくらい、あいかわらずポンコツ車から
バフバフと排気ガスは吹き出てる。
や~、ん~、抜けてるよね。ま、はじめの一歩?

カトマンズに着くなり、Kedarと一緒にDhedoを食べに行った。
Dhedoはそば粉やとうもろこし粉などで作るそばがきっぽい 料理で、
カレーと一緒に食べる。コレ最高!
日本にあるネパール料理屋さんでも、コレをだすところは 少ない。
関西にはない。特注で、コッソリしかない。
おいしい!めっちゃおいしい!
お腹いっぱい食べた。満足(*^^*)

a0069271_0305977.jpg
翌朝、Bike shopでMTBiker仲間たちに会う。
その日、インドで行われる ロードレースのAsian Championshipに
ネパール代表として出るBiker3人が、デリーへ出発するため、準備していた。
ワタシの友達、SanjeevとSureshが選手として選ばれた!
ん?彼ら全員MTBikerです。
ロードバイクになんて乗ってません。
きっとキツイレースになることだろうな...。距離は140km。
カザフスタンや中国などにコテンパンにされちゃうやろな。

Sanjeevの家で、準備をチョロッと手伝いつつ、
お父さんの手料理を頂く。ウ、ウマイ!
Sanjeevのお母さんは去年亡くなったので、 ご飯は、交替で作るらしい。
家は狭いスペースに縦長に建てられた迷路のような家。
荷物をつめて、再びBike shopへ。
彼らを見送り、お仕事へ。
a0069271_0331690.jpg

翌朝早朝4:30、Kedarと彼の友人2人とで、ヒマラヤと日の出を
見にカトマンズから約35kmほど離れたところにある
ナガルコットへ行った。
12月のネパールは乾季の真っ只中で、空気がキーンとして
澄んでいる。ヒマラヤがド~ンとキレイに見えた。
ヒマラヤと段々畑の広がる朝の景色を見ながら朝食を食べた。
しあわせ~~。
a0069271_0355096.jpg
a0069271_036916.jpg

昼ごろカトマンズに戻り、仕事へ。
その後、カトマンズ郊外のKedarの家にホームステイ。
甥っ子姪っ子がワンサカいてとってもにぎやか。
お父さんやお母さんも村から出てきていた。
甥っ子の一人、Sumanはまだ4歳。
ワタシが来るのをソワソワしながら待っていたそうで、
離れの家と母屋を行ったり来たりして
「サンキューDIDI(ワタシのこと)、まだ~?」
と言ってたらしい。
やんっ、めっちゃかわいい~~~!
ワタシとKedarが家に着いたときには、Sumanは眠気まなこで
迎えてくれた。
その晩は、Sumanと一緒に眠った。
a0069271_037083.jpg

最後の日は、Kedarの家族とのんびり過ごした。
Kedarの妹のSitaが作ってくれたダルバート(代表的ネパール家庭料理)が
最高においしかった。
お世辞じゃなくて、今まで食べたダルバートの中で一番おいしかった。
a0069271_0373269.jpg
a0069271_0375414.jpg

a0069271_038385.jpg

3泊5日、忙しいようで、意外とのんびりした時間も過ごせた。
やっぱりネパールはいいなぁ。
短い滞在が、逆に「またすぐ来れる」っていう気持ちに!
遠いようで、ワタシにとってはすぐそばにある国。
ワタシの第二のふるさと、ネパール!
a0069271_039211.jpg

次は2月か3月に!ムフ!
[PR]

by cookie-s-sapana | 2005-12-18 00:10 | NEPAL