<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

フレンドシップキルト

3月末にしんくんのお姉ちゃん、ゆみちゃんの呼びかけで
がんで闘病中のサイクリスト、エミちゃん(シール・エミコさん)を勇気づけるため
フレンドシップキルトを作ることに!
フレンドシップキルトとは、仲間たちで数ピースずつパッチワークをして、
それをつなぎ合わせてひとつの作品を作るというもの。

まずはデザインから始まり、型紙と見本や説明書の作製、布のハギレの切り分け、
協力してくれる仲間たちへの発送...。
型紙をおこすだけでもものすごい作業量!そしてハギレの切り分けやらなんやらで
発送までにもかなり手間ひまかけて、心をこめて...。
裁縫が苦手な男子たちには、簡単そうなシンプルなデザインのものを1ピースずつ送付。
女子には、裁縫が苦手かどうか聞くこともなく、できるものとして2~3ピースずつ(^^);
こうしてみんなの手元に渡った型紙と布ハギレは、ひとりひとりが気持ちをこめて
パッチワークして、そのうちの1ピースに自分の名前を刺繍して送り返す。
私もパッチワークは初めてだったけど、楽しみながらがんばった!
私の担当3ピース☆曲線部分がけっこう難しい(^^);
a0069271_8323649.jpg

布のハギレの組み合わせを変えると同じパターンのものも違う表情に♪
a0069271_8332197.jpg

a0069271_834595.jpg

みんなから集まったパッチワークのピースをとりまとめて、韓国に住むゆみちゃんに
送られ、ゆみちゃんの手により全てのパッチワークがつなぎ合わされ、
中綿、裏地などが縫い合わされ、フレンドシップキルトのひざかけが完成☆
a0069271_2343461.jpg

a0069271_2352711.jpg

幼い娘さんがいて、さらに妊娠中で臨月を迎える身重のゆみちゃんが、
仕上げの工程をひとりでしてくれた。手縫いで!

仕上がったフレンドシップキルトは、ひとつひとつはややいびつながらも
エミちゃんへの心がこもった、温かさと一生懸命さを感じる素敵なものになった♪

これでエミちゃんもきっとニッコリ温かい気持ちになって、元気になってくれると思う。
こんな素敵な仲間たちと、こうしてひとつの作品を同じ思いをこめて作れてよかった。
みんなの気持ちがエミちゃんの心にしっかり届きますように...。
エミちゃんが元気になりますように...。
a0069271_2332863.jpg

ゆみちゃんをはじめ、みなさん、ありがとう!
a0069271_2312871.jpg

[PR]

by cookie-s-sapana | 2010-06-15 23:05 | その他  

ピーヒョロロと始めた♪

小学校の時の縦笛、リコーダーを時々CDとセッションしながら吹くのが
楽しくて、気がついたら数時間セッションしてたりすることもあるほど
夢中になることも♪ リコーダー演奏は「なんちゃって趣味」のうちのひとつ。
自転車旅にも持って行って、ことあるごとに吹いていた(^^)♪
タラフ・ドゥ・ハイドゥークスの村でも、ジプシーミュージシャンと
お粗末ながらピーヒョロロとセッションした <(^^); いやはや...

最近はバタバタして、のんきにリコーダーを吹いている場合でもなく、
手にしていなかったのだけど、自転車仲間からちょっと楽しい提案があり、
今年のクリスマスのためにリコーダーの練習をチョコチョコと始めた。
クリスマスまでまだまだ時間はあるけど、練習できる時間も限られてるので、
今からボチボチと自主練開始☆
別の楽器を演奏する自転車仲間とセッションの予定♪
そのうち、時間がとれたらみんなで一緒に練習したりもする予定♪

大人になってからも、やっぱこうゆうの楽しいっ☆

そうそう、旅の時に小学校の時から使っていたリコーダーを持って行ってたのだけど、
キルギスのナルンという街に、手違いで置き去りにしてしまった。
私の名前の彫られたアイボリー色のソプラノリコーダー...。
どなたか、キルギスのナルンに行く予定の方がいましたら、私のリコーダーちゃんを
連れて帰ってきていただきたいのですが...。
そもそもまだそこにあるのかすら不明だけど...。あぁ残念...。
[PR]

by cookie-s-sapana | 2010-06-15 13:20 | 音楽  

ご心配をおかけしました

長らくご無沙汰しました!
ご心配をおかけしましたが、ボチボチ復活です☆

実は、私の大好きな母が大病を患い、手術をし入院しています。
初めて事実を知ったときには、「この世の終わり」のように思い落ち込み、
ふさぎこんで号泣するしかない弱くて無力な自分と、
なんとか母を助ける手段を探さなければ!病気についても知らなければ!と
ひたすら調べて情報をかき集め、母のためにできることを必死で探す自分の
2人の自分がいました。
調べれば調べるほど恐ろしさと難しさを知ることになり、不安は消えなかったけれど、
回復して元気になった人たちもいるし...と気をとりなおして、ひたすら祈るような気持ち。

幸い私にはサバサバしてクールな妹がいて、看護師をしているので、2人で連携して
母の治療について最善の策をねって、妹の人脈からの紹介で、その病気についての
権威と言われる世界的にもトップレベルのお医者さんとその医療チームのいる病院で
診てもらえることになり、すごくスピーディーに術前検査を終え、入院と手術を待ち、
先日無事に長時間に及ぶ大手術が無事に終わりました。
母は術後数日とてもしんどそうでしたが、経過はとても順調で、周りが驚くほどの回復ぶりです。
ひとまずは、安心です。
妹も看護師のスキルと知識をフル活用して、しっかりとケアをしてくれて、助かりました。
実家に住む三女は、母の留守中も家事をがんばってくれて、安心させてくれています。
私がひとりっこだったら、どんなに大変だっただろう?

一時は最悪の事態も頭をよぎりましたが、根治を目指してしっかり治療できていることに
心から感謝しています。守ってもらえていると感じています。
大変ですが、こうして母のために自分ができることをして、僅かながらも力になれていることが
本当にすごくすごくありがたくて、幸せです。
贅沢もせず、一生懸命私たち三姉妹を愛情をたっぷりそそいで育ててくれて、
いっぱい苦労してきた母なので、元気になって、もっともっと楽しいことをたくさんしてほしいと思います。
素朴でやさしい母は、私が世界中で一番大好きで尊敬する人です。(父もね。夫もね。)

近々退院できそうですが、術後の治療で再入院の可能性もあるので、まだしばらくは
しっかりと治療に専念できるように、支えていきます☆

これからボチボチとブログもUPできるかな?UPします!
遊びのお誘いにも、もう少しは参加できるようになるかな...?たぶん。
[PR]

by cookie-s-sapana | 2010-06-07 18:01 | その他